任意保険 車両保険

車両保険には一般型とエコノミー型がある

車両保険 一般型 エコノミー型

 

車両保険には一般型とエコノミー型があります。何が違うのでしょうか?

 

・一般型の補償内容:火災や爆発、落書きやいたずら、窓ガラスの破損、飛来物や落下物との衝突、他車との衝突や接触、台風や竜巻や洪水や高潮、盗難、電柱への衝突、自転車との接触、相手車不明の当て逃げ、転覆や墜落

 

・エコノミー型:火災や爆発、落書きやいたずら、窓ガラスの破損、飛来物や落下物との衝突、他車との衝突や接触、台風や竜巻や洪水や高潮、盗難

 

つまり一般型のほうが補償範囲が広いのです。

 

交通事故は相手が必ずいるとは限りません。単独事故の場合はエコノミー型では補償されないのです。
そして結構よくあるのですが、スーパーの駐車場で買い物をして帰ったら車が凹んでいたなんていう相手がわからない場合の当て逃げも一般型でしか保証されません。警察に来てもらってもすぐには犯人はわかりませんし、捕まる可能性も低いです。こんな当て逃げ犯人が捕まらないときは悔しいですが自分で修理するしか方法がありません。
こんなときに一般型の車両保険に入っていれば、保険で修理することができます。

 

ではエコノミー型のメリットは何でしょう?
エコノミー型は補償の範囲を狭めることで、保険料が安くなるという点です。車両保険をつけると保険料がかなり上がります。
車両保険は付けたいけど、保険料は安くしたいという方のためのエコノミー型なのです。